一番高額オプションは冬タイヤ!

こんにちは。kazami296です。

2月に納車になった関係で、北国ですから装着タイヤは冬用のスタッドレスタイヤになりました。

当然、それ用のホイールも必要になるので、夏冬別のものにしようという事で、夏用タイヤホイールはオプション設定のものに変更しました。左側のVスポーク・スタイリング775への変更費用の4,2000円(税込)まではメーカーオプション。

一方、スタッドレスタイヤ一式はディーラー・オプションになりますが、その値段はなんと、ホイール代込みの472,296円(税込)!

Vスポーク・スタイリング778は(ホイール単体 58,740円、センターキャップ 3,256円、エア・バルブ 748円。)62,744×4 250,976円(税込)なので、タイヤ代が取り付け料込みで、221,320円の計算になるようです。

BMWはランフラットタイヤが標準装備。パンクした時の安全性は高いが、乗り心地にはマイナスで、しかも高額!とネット情報で得ていたので、そのせいなの?と思ったのですが、よくよく見るとブリヂストンの「BLIZZAK VRX2」

調べてみると、これはランフラットタイヤではなくて、BLIZZAKの高性能モデルだからでした。

ディラーを通して買うと割高になるのを抜きにしても、「Standard」設定の17インチタイヤが決して格安な訳ではなく、「M  Sport」と比較しての話だったのですね(苦笑)。

 

ランフラットタイヤは、空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤです。

 

ランフラットタイヤの特性を考えると、冬季使用のスタッドレスタイヤにこそ、気候的に相応しいタイヤのように思うのに、なぜ普通のタイヤが選択されたのか?ディーラーかの説明は全くなしでした。

偶々見かけた「M  Sport」ではインチダウンして、全く同じタイヤを装着していたので、「Standard」だからって話でもないようなので、こんど担当者に聞いてみようと思います。

いずれにしても冬用タイヤセットが、イチバン高額な追加出費になってしまったのでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事