見送ったオプションは…

こんにちは。kazami296です。

これまでは選択したオプションをアップしてきましたが、ついでにどなたかのお役に立つかも?しれないので、見送ったオプションに関しても、ちょっとまとめてみました。

 

まずは

電動パノラマ・ガラス・サンルーフ(チルト&スライド、コンフォート・オープン/クローズ機能付)

希望小売価格206,000円(税込)は、どうなんでしょう?

こちらは値段の問題と言うよりは、完全に好みの話になるような気がしてます。

リセールの際に有利との情報もありましたが、個人的には「Standard」を選択した時点で、その点はすでに割り切ってしまったので、単純に必要性を感じなかったから付けませんでした。

 

つづいては、

サウンド・パッケージ

サウンド・パッケージ

haraman/kardonサラウンド・サウンド・システム464W,16スピーカー、9チャンネル・サラウンド)

アコースティック・ガラス

地デジTVチューナー12セグ/ワンセグ自動切替)

*コンフォート・パッケージとの組み合わせでのみ設定可能

希望小売価格191,000円(税込)ですが、単独で選べる地デジTVチューナー(12セグ/ワンセグ自動切替)の希望小売価格が137,000円(税込)なので、大半は地デジを必要とするかどうかの内容のようでした。

 

アコースティック・ガラス

フロント・サイド・ウインドーに採用されたアコースティック・ガラス*は、標準装備されたフロント・ウインドーのアコースティック・ガラスと相まって、ノイズ・レベルを大幅に低減。風切り音や車両周囲の騒音、エンジンやタイヤ、ワイパーなどのノイズを最小限に抑えます。この優れた静粛性によって、車内で音楽を愉しんだり、ハンズフリー・システムを利用するときも、不快な音に邪魔されることはありません。*オプション

(BMW JAPAN HPより)

 

こちらも追加せず。そもそも自宅にはTVをおいておらず、これまで運転していたクルマにナビとセットでついていた地デジを使用してもいなかったのと、音痴を自認する自分の耳にはHiFiスピーカー・システムでも十分だろうという判断になりました。ただ、アコースティック・ガラスには室内の静粛性を高めてくれる効果があるのは少し気になりますかね。

 

さらに、

イノベーション・パッケージ

イノベーション・パッケージ

BMWレーザー・ライト

(レーザー・モジュール付きLEDハイ/ロービーム、LEDフロント・ターン・インジケータ、BMWセレクティブ・ビーム、LEDコーナリング・ライト、ハイビーム・アシスタント。光軸自動調整機構付)

BMWヘッドアップ・ディスプレイ

BMWジェスチャー・コントロール

希望小売価格245,000円(税込)

 

BMWレーザーライト

従来のLEDライトの約2倍に相当する最長500mまでの距離を照射。夜間の視認性を飛躍的に高め、安全性をさらに向上させています。BMWレーザー・ライトを搭載したヘッドライトには、ブルーのデザイン・アクセントに加えて「BMW Laserlight」のロゴがあしらわれ、その革新性を象徴します

BMW JAPAN HPより)

 

 

アダプティブLEDヘッドライト自体は標準装備でついていて、レーザーライトとはハイビームで走行時に車速が約70km/hを超えると、既に点灯しているLEDハイビーム・ヘッドライトに加え、レーザー・ライトが自動的に点灯する機能なのようなので、車速を考えると活躍場面はかなり限定的な機能なようです。

 

 

ただし、色々と詳しい方のブログを拝見するとビジュアルの格好の良さはかなりポイントが高い様子もありでした。


パッケージ内のBMWヘッドアップ・ディスプレイは単体の設定があって、その希望小売価格が151,000円(税込)ですから、レーザーライトの単体の設定があれば10万円以下と思われます。

 

BMW ヘッドアップ・ディスプレイ

現在の車速、ナビゲーション・システムによるルート案内の矢印表示、前車接近警告、曲名やラジオ局のリストなど、さまざまな情報をドライバーの視界内のフロント・ウインドーに直接表示することができます。情報は人間工学に基づいて表示され、高さを調節することも可能。常に路面を注視する視線移動を減らすことで安全性と快適性が高まり、卓越したパフォーマンスに集中してドライブを愉しむことができます。

BMW JAPAN HPより)

 

BMW ジェスチャー・コントロール

3D カメラが、あらかじめ設定した手の動きを認識します。 例えば、コントロール・ディスプレイに向かって人差し指で小さな円を描くだけで音量調節が可能です。ほかにもコントロール・ディスプレイに表示されたポップアップ表示を閉じるなど、利用頻度の高い機能を簡単に操作。姿勢や視線移動を最小限にすることで、BMWならではの走りに集中することができます。

(BMW JAPAN HPより

 

こちらの2つのオプションは運転に集中させてくれたり、事故を未然に防ぐことをアピールされてましたので、イノベーション・パッケージ自体の目的も安全性を高めことに主眼がおかれているようでした。予算的に余裕があれば選択しても良いようにも感じましたが、優先順位は高くなさそうと考えパスしてしまいました。

 

最後に、

アクティブ・プロテクション

 

アクティブ・プロテクション

急ブレーキや極端な挙動の変化など、衝突の危険をセンサーが検知すると、瞬時にアクティブ・セーフティ機能が対応して、シートベルトの締め付けを強め、衝突に備えてシート・ポジションを最適な位置に移動、サイド・ウインドーやサンルーフが自動で閉まり、衝撃に備えます。ドライビング・ダイナミクスを心から愉しめるのも、万が一の時の安心があるからです。

(BMW JP HPより)

 

希望小売価格48,000円(税込)。

これはオーダーを済ませてしまった後になって気づいたオプションでして、分かっていたら間違いなく追加していたと思います。現行3シリーズでは安全性能はほぼ標準装備になっているので、この装備が同様の扱いになっていないのか腑に落ちない感じがしてます。

他のシリーズでは標準装備になっているモデルもあるようですが、3シリーズの最上位モデルのM340i でもオプション扱いは同様なので、自分的には正に盲点になってしまいましたね~

 

まとめ

あっても良いかな?と思うオプションは単体では選択できない形になっていたこともあって、2つのパッケージはつけないことにしましたが、単体であればレーザー・ライトはビジュアルの格好の良さに釣られていたかもしれないかな…

 

あとは、やっぱりアクティブ・プロテクションは値段もそれほど高価でもないので、見落としてしまったのは非常に悔やまれるな〜

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事