Apple CarPlay は既に標準装備だったのね〜

こんにちは。kazami296です。

一昨日のアップしたレーザー・レーダー測定器の取り付けが済んだ後は、実家に戻ったついでと言うか、こちらがメインと言うか、クルマいじりの方を継続。

スマホの登録とかBMW Conected drive の設定とかを済ませました(笑)。

 

BMW Connected Drive

それは多彩なサービスとアプリケーションを利用することで、 必要な情報と、 いつでもつながることができる最先端テクノロジー。 BMW Connected Drive は、 安全性と利便性、 そして情報とエンターテインメントを充実させる幅広いコンテンツをご用意。 あなたのライフスタイルにさらなる自由をもたらします。 BMWコネクテッド・ドライブ・スタンダードは、 万一の事故にも最適なサポートを提供し、 毎日のドライビングに大きな安心をもたらします。 さらにオプショ ンの BMW コネクテッド ドライブ プレミアムをお選びいただくと、 車内外での情報検索や多彩なエンターテインメントも快適に利用でき、 ドライビングの 歓びをより豊かに広げます。

BMW コネクテッド・ドライブ ファースト・ガイド WEB

 

BMW Connected Drive 関連で色々なサービスが提供されていることは分かってましたが、多くは有料での提供であり、どれもこれもという訳にもいきませんから、オプションをオーダーする際に目に入った「パーキング・アシスト・プラス」用の車載カメラを利用したドライブレコーダー機能 、他メーカー車を含めてYoutubeで目にしていたApple CarPlay については気になってはいました。

ただ、後付けでオーダーできる内容であるため、コストパフォーマンス的にはどうかな?ぐらいのことは漠然と思った程度で、あまり調べてもおりませんでした。

 

ハンズフリー通話を可能にするためスマホ登録をクルマの中で済ませたついでに Connected Drive の設定を開始したら、いきなり Apple CarPlay がナビ画面にでてきて、有料サービスの契約を気づかぬうちにしてしまったか?とドギマギ!!

 

一昨年末にサブスクリプション制が廃止になり、海外では無期限で無償提供になったとの情報は得ていはいたのですが、国内での対応や自分の購入車が適応になっていたことには、全く気がついておりませんでした(苦笑)。

 

こちらのブログには既にきちんと情報がアップされており、しかも1年前以上前の情報なので、自分が気づいてなかっただけのようで…

 

実際、メーカーのカタログを見直してみたら、下記のように他のサービスと一緒に標準装備として記載されていたので、自分が分かっていなかったからビックリしただけでした(爆)。

BMWコネクテッド・ドライブ・プロフェッショナル
① BMW SOS コール
② BMW テレサービス
③ BMW ドライバー・サポート・デスク(3年間)
④ BMW リモート・サービス(3年間)
⑤ コネクテッド・ドライブ・サービス
⑥ Apple CarPlay プレバレーション
⑦ BMW デジタル・キー

 

これらのうち①②のサービスは以前から標準装備の対象で、内容は以下の通り。

 

BMW SOSコール

BMW SOS コールは車両の衝突や横転を検知した際やエアバッグが展開するような深刻な事故が発生した際に、車両標準装備の専用通信機器から自動的にSOS コールを発信するシステムです。 24 時間体制のコールセンター専門スタッフが応答し、必要に応じて救急や消防などの機関に通報を行います。事故以外の緊急事態にも、手動で車内の SOS ボタンを押し、BMW SOS コールを作動させることも可能です。

BMW コネクテッド・ドライブ ファースト・ガイド WEB

BMW テレサービス

車両からメインテナンス情報(エンジン・オイル、ブレーキ・パッド等)を自動的に正規ディーラーへ送信、それを受けたサービス担当者がお客様へご連絡し、メインテナンスが円滑に進むように手配します。また、路上で故障などのトラブルが発生した場合は、テレサービスコールで、BMWエマージェンシー・サービスに連絡することができます。この際車両の位置情報や走行状況などのデータも通信モジュールで送信されるため、迅速な対応が可能となります。

BMW コネクテッド・ドライブ ファースト・ガイド WEB

 

 

この2つのサービスはちょっと調べただけですぐに理解できましたが、「⑤ってサービス全体の総称だよね?何がどう違うの?」といった疑問にハマってしまい、グーグル先生に聞いてみても期待する答えには本日は到達できませんでした(>_<)。

 

そんな訳でして、それ以外のサービスに関しては、実際にサービスを使用してみたり、他のユーザーの方が発信済み情報を集めてみたりして、自分の頭の中が整理できてから再度アップしてみたいと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事