納車1ヶ月で要バッテリー交換って...

こんばんは。Kazami296です。

先日お願いしたボディ・コーティングが仕上がったと連絡をもらったので、3月21日に愛車を引き取ってきました。せっかくコーティングを済ませてて、ピカピカ状態だったのに、実家への移動中に雨に降られてしまいました(T_T)

コーティングの話題もアップしたいとは思っていて、どうせ雨降りに当たったのなら撥水具合なども確認しようと、ちょっと動画を撮影。
意気込んで初めての動画処理にチャレンジしてみたものの、何をどう加工したら良いのか全く分からず、先週末は時間切れとなってしまいました。そんな訳で、またまとまった時間がとれるときに、再チャレンジしてみることにしました。

 

そんな訳で今日の話題は防錆加工と同日にお願いした、1ヶ月点検での話について。BMWではセカンド・ハンドオーバーと言うようですが、初期不良の確認が主な目的のようです。

 

以前のブログに書いたように、諸般の事情により100kmも走っていない段階でのチェックとなりました。そのため、質問するとすれば冬タイヤの話ぐらいかな〜と思っていたら、前日に実家に戻って愛車の様子をみにいったら、ドアのオートロック&アンロックが全く反応せず。リモコンボタンには反応するので、リモコンの電池問題ではない様子。「こんな納車したばかりで、どこが故障したのさ?」と、ちょっと暗い気持ちでディーラーに向かいました。

 

予約時間を把握していて出迎えてくれた受付嬢にキーを手渡そうとしたタイミングで、オートロックがきちんと作動。
「あれ、たまたま誤作動が生じただけか?」と思いましたが、一応担当者には報告して、原因の確認をお願いしました。

 

洗車を含めて1時間程度はかかるとのことでしたので、担当者が整備士と話をしにいっている間は、ディーラーの展示車をあれこれ眺めたり、写真をパチパチ撮ったりと、BMWオーナーだから(?)の幸福感を堪能。

 

その後、点検報告を受けてきた担当者から告げられた結果は、なんとバッテリー充電量の低下!

冬の気候条件の影響と、エンジンを稼働している時間が短いためなので、長距離ドライブすれば大丈夫です!との説明を受けました。

ディーラーをあとにして愛車を動かしてみたら、「バッテリー交換」のサイン表示がメーター上に出現していることを確認できたのですが、いつからサイン表示されていたのかは全く記憶なし(^^;)。

 

ディーラーから10数キロ運転して防錆加工をお願いした「ベストカーズ札幌」への道中でサインは消失。10日後に愛車を受け取ってコーティング業者に異動した際にも、メーター上でのサイン表示はなかったのですが、21日には再び点灯してました。

エンジンは普通にかかり、実家まで戻った後も「バッテリー交換」のサインは消えないものの、ドアのオートロック&アンロックは作動してくれたので、とりあえずは大丈夫そうです。

 

BMWはエンジンをきった後でもアクセサリー電源はすぐには落ちないので、バッテリー消費が多いとの話は把握していた一方、いつも有益な情報を提供して下さる evening_skyさんが昨年5月のブログで、

乗っても週一くらい、この前は2週間乗らなかったりとバッテリーに厳しいのでバッテリー充電は月イチくらいでおこなっています。

との話を結びつくることができずいたのですが、ようやく「こう言うことだったのか!」と、BMWオーナーの心構えの1つをちょっと実感することができたような気になった先週末でありました。

 

それと、以前にアップしたスタッドレスタイヤがランフラットタイヤではないことも担当者に確認すると、

 

「タイヤが堅いと制動距離が長くなってしまうため、通常のラジアルタイヤを推奨している」とのことでした。

冬のパンクは路肩に衝突した際にタイヤ側面が裂けてしまうことが多いので、そうなるとレッカー車を手配する以外に方法はないが、雪が溶けると雪に埋まっていた釘などが原因のパンクもでてくるので、これからの時期はタイヤ修理キットをクルマに積んでおいた方が安心のようです。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事